数学講究オムニバス講義

数学講究に付随するオムニバス講義について

数学講究では、テキスト講読と担当教員から課される付加的な課題の他に、オムニバス形式の講義が開講されます。この講義では、数学の教員が各自の研究に関連した講義を行い、数学の現在を俯瞰します。なおこの講義は講究の一部ですから講究の受講者は全員出席してください。

講義名 数学講究オムニバス講義
曜日 木曜日
時限 5 限(16:30〜18:00)
講義室 理学部 6 号館 202 号室
対象者 数学講究受講者
2018年度後期: 講義予定
日付 担当教員名 タイトル
10月04日 並河 良典 シンプレクティック代数幾何
10月11日 堤 誉志雄 函数解析学とDirichletの原理
10月18日 浅岡 正幸 周期点を数える
10月25日 藤原 耕二 双曲幾何と群
11月01日 國府 寛司 ネットワーク結合系のダイナミクスと同期
11月08日 日野 正訓 ディリクレ形式とマルコフ過程
11月15日 Svadlenka Karel 変分法と動く曲面
11月29日 塩田 隆比呂 ソリトン方程式と無限次元グラスマン多様体
12月06日 宍倉 光広 力学系とフラクタル
12月13日 吉川 謙一 ラプラシアンの行列式
12月20日 伊藤 哲史 数論幾何における局所大域原理
12月27日 加藤 毅 微分トポロジー
01月10日 森脇 淳 Belyi の定理
01月17日 稲場 道明 有理接続とモノドロミー保存変形

所属は、何もないものは数学教室、数理研=数理解析研究所、情報=情報学研究科

  • 担当教員は変更になる可能性があります。
  • 出席登録システムを使用しますので、学生証を持参すること。

これまでの講演についてはこれまでのオムニバス講義一覧を参照.