学部生向け情報

もっと見る(学部生)

教科の手引き

「教科の手引き」には履修に関する重要な情報が書かれていますので、よく読んで下さい。

KULASIS

KULASISには授業情報、シラバス、試験情報、成績など重要な情報が掲示されます。履修登録にも必要です。(ログインが必要)
シラバスはオープンコースウェアのページでも見られます。(ログインは不要)

数学質問コーナー

数学の学習で生じた疑問は、「数学質問コーナー」で質問することが出来ます。詳しくはこちらのページをご覧下さい。

系登録について

講究を履修するためには、その1年以上前に「系登録」をすることが必要です。系登録の要件については、「教科の手引き」13ページを見て下さい。数学系を志望の学生全員または一部に筆記試験(系登録試験)を課することがあります。

数学講究オムニバス講義について

数学講究では、テキスト講読と担当教員から課される付加的な課題の他に、オムニバス形式の講義が開講されます(前期・後期の木曜日5限)。この講義では、数学の教員が各自の研究に関連した講義を行い、数学の現在を俯瞰します。なおこの講義は講究の一部ですから講究の受講者は全員出席してください。詳しい内容は数学講究オムニバス講義を参照してください。

自主ゼミについて

大学の講義以外に、学生同士の「自主ゼミ」での学習は、京大理学部の「自学自習」の伝統の一つです。自主ゼミのための推奨テキストや講義室の使用法については、「教科の手引き」36ページを見て下さい。

数学教室が企画する行事について

ガロア祭

ガロア祭とは、学部生の皆さんに広く数学教室の活動を知ってもらい、 また専攻を選択する際の参考にしてもらうためのお祭りです。 若くして活躍した代表的な数学者の1人ということでエヴァリスト・ガロアの名前を冠することにしました。 主に理学部の1~2回生を対象としています。事前に懸賞問題を出して解答を募集し、ガロア祭当日にすぐれた解答を表彰し賞品を出します。例年5月頃開催。

吉田塾

主として理学部1、2 回生で数学に興味を持つ学生を対象に、合宿および数学教室での連続講義を行います。
合宿は例年9月頃開催、連続講義は例年10月から12月開催。

吉田塾シニア

「数学吉田塾シニア」は、講演とセミナーを通して修士・博士課程の大学院生をはじめとする若手数学者との交流をはかり、大学院で有意義な数学の勉学・研究を始めることができるように支援するものです。主として4月から大学院修士課程に入学される学生の方々と、チューターとして参加を希望する大学院生の方々が対象です。例年2月頃開催。