Morrey空間の複素補間について

開催日時: 
2015/12/02 Wed 15:30 - 16:30
場所: 
3号館110講演室
講演者: 
澤野 嘉宏
講演者所属: 
首都大学東京・理工学部
概要: 

 複素補間とは大まかにいうと3線定理を用いて与えられた二つのバナッハ空間から新しいバナッハ空間を得る操作をいう.
これにより例えば,L^1有界性とL^\infty有界性からL^p有界性が従うことはよく知られているが,この背景には1964年のカルデロンの第一複素補間がある.
1964年にはカルデロンの第二複素補間も定義されていたが,ルベーグ空間に対してはこれらは同一の結果を出すので第二複素補間は忘れ去られていた.
しかし,モレー空間では第一複素補間ではなく第二複素補間を用いないといけないことがLumarie-Rieussetにより示された.
本講演、我々が得た二つの補間の違いに関する結果を説明したい.
なお、本研究は首都大学東京のDenny Ivanal Hakim氏との共同研究である.