A relation between log MMP and property of being log abundant for lc pairs

Date: 
2020/07/01 Wed 13:30 - 14:30
Speaker: 
Kenta Hashizume
Affiliation: 
Tokyo university
Abstract: 

極小モデル理論によって全てのlc pairがlog abundantという性質を持つことが期待されている。このlog abundantという性質は特にアバンダンス予想と深い関係があることが知られている。
一方、「極小モデルプログラムがlog abundantを保つか?」という問題は現在解決されていない。
本講演では、log abundantの性質を定義後、good minimal modelの存在予想との関係について紹介する。さらに、good minimal modelの存在予想が「極小モデルプログラムがlogabundantを保つか?」という問題と深く関わっていることを説明する。

(This is a talk of Tokyo-Kyoto AG seminar on Zoom.)