相対グロモフウィッテン理論について

Date: 
2017/12/27 Wed 16:30 - 17:30
Room: 
Room 110, Building No.3
Speaker: 
Kenji Fukaya
Affiliation: 
Stony Brook university
Abstract: 

相対グロモフウィッテン理論は,因子(Divisor)があるケーラー多様体(あるいはシンプレクテック多様体)に対して,因子への接触の次数を指定した擬正則曲線のモジュライを研究するものです. これは,代数幾何,シンプレクテック幾何の双方で研究されていますが,代数幾何に比べると,シンプレクテック幾何での研究は様々な理由で進展が遅れています.
特に,グロモフウィッテン不変量ではなく,ラグランジュ部分多様体のフレアーホモロジーなどを考えるシンプレクテック幾何特有の部分では,様々な問題があります.この講演ではそれについてお話ししたいと思います.