第2回JST CREST「数学」領域横断若手合宿@志賀島 ワークショップについて

概要

世の中にあふれる「区別の難しい曖昧な概念や物事」や「すでにある区別とは異なる切り口」を数理的に表現・モデルするワークショップを開催する.

目的

選んだトピックを数理的に表現するというワークショップ形式を通じて,普段関わる機会の少ない他の分野の概念・問題の定式方法・数理的手法・問題にざっくばらんに触れ合うことを目的とする.このワークショップでは何か成果の創出を求めるのではなく,これによる参加者どうしの異分野相互交流を強く勧奨し,専門に囚われない発想を生み出す力を培う契機となることを狙いとする.したがって参加者の専門分野にはこだわらない.

実施方法

参加者を4,5人のグループに分け,下で与える曖昧さに関連するトピックから1つ選ばせて数理的に表現する.最終日にそれに関して各グループがプレゼンテーションをおこなう.

各チームのテーマ選択の仕方

チーム間のトピック重複を許す完全自由選択とする.

トピック