IPA Math 2016        


開催情報

研究集会「Interaction between Pure and Applied Mathematics 2016」
みなさまのご協力のおかげで無事終了いたしました.

解析学から統計学の数学者・数理科学者5人に関連する研究の講演をしていただきます.また,分野間の相互の交流も目的としておりますので,様々な分野の方のご参加を歓迎します.

日時 2016年12月15日(木曜日)13:00 〜 12月16日(金曜日)12:30
場所 明治大学中野キャンパス高層棟6階セミナー室601
東京都中野区中野4-21-1(アクセスマップ
アクセス JR中央線快速・総武線,東京メトロ東西線/中野駅 下車 北口より徒歩約8分
講演者
(敬称略・順不同)
大縄 将史(東京海洋大学)
篠原 克寿(一橋大学)
曽我 幸平(慶應義塾大学)
林  邦好(聖路加国際大学)
廣瀬 三平(芝浦工業大学)
参加登録 こちらのページから
参加登録は必須ではありませんが,人数把握のためご協力をお願いいたします.
運営幹事 宮路 智行(明治大学)
中野 直人(JSTさきがけ・北海道大学)
Supported
by
JSTさきがけ"包括的な数学的手法による気象予測プロセスの確立"
科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 課題番号16K13772


プログラム

12月15日(木曜日)
12:55 - 13:00 Opening
13:00 - 14:00 「偏微分方程式系に対する完全WKB解析について」
廣瀬 三平 氏(芝浦工業大学)
14:30 - 15:30 「Classical/weak KAM theory and related topics」
曽我 幸平 氏(慶應義塾大学)
16:00 - 17:00 「臨床研究における統計科学的アプローチの役割」
林  邦好 氏(聖路加国際大学)
12月16日(金曜日)
10:00 - 11:00 「AD変換器の精度保証とゼータ関数による数え上げ」
篠原 克寿 氏(一橋大学)
11:30 - 12:30 「輻射気体の衝撃波形態と安定化機構の関係」
大縄 将史 氏(東京海洋大学)
12:30 Closing


    科学技術振興機構     さきがけ「数学協働」領域
トップページに戻る