KINOSAKI SEMINAR 2012

第九回城崎新人セミナーの報告集を順次掲載していきます。提出の締め切りは2012年6月30日です。

氏名専門分野所属アブトラクト(PDF形式)
河原林健一離散数学国立情報学研究所グラフを使った数学とコンピュータサイエンス
高橋篤史ミラー対称性大阪大学Mirror Symmetry of Weighted Projective Lines
眞崎聡非線形シュレーディンガー方程式学習院大学2次元Schroedinger 方程式系の解析
村井聡代数的組合せ論山口大学単体的セル複体の面の数え上げ論について

一般参加者(五十音順、敬称略)

氏名専門分野所属アブトラクト(PDF形式)
池田正弘非線形偏微分方程式大阪大学D2非線形シュレーディンガー方程式に対するsmall data blow-upについて
井澤昇平数学基礎論東北大学D1代数系のべき等既約分解
岩木耕平可積分系京都大学数理研D1Painleve 函数の完全WKB解析について
植木潤数論トポロジー九州大学M1三次元多様体に対する岩澤の定理
上山健太代数学静岡大学D1balanced dualizing complexを持つ代数について
梅本悠莉子幾何学大阪市立大学D1双曲Coxeter群のgrowth functionについて
大鳥羽暢彦微分幾何学慶應義塾大学M2スカラー曲率一定計量の新しい例
岡崎建太位相幾何学京都大学数理研D2E_6 , E_8 型部分因子環の平面代数と3次元多様体の状態和不変量の組合せ的構成について
糟谷久矢幾何学東京大学D2二つのアーベル群でできる幾何学
加瀬遼一代数学大阪大学D1A型及びD型道代数における傾箙の辺の数え上げ
加藤諒代数トポロジー名古屋大学D1完全な剰余体を持つ離散完備付値体のTR理論
北島孝浩整数論慶應義塾大学D1有理数体の円分Z_p 拡大におけるK群の位数について
兒玉浩尚保型形式近畿大学D1レベルpの2次元ジーゲルカスプ形式の具体的構成について
小西正秀多元環の表現論名古屋大学M2Khovanov-Lauda-Rouquier代数について
佐藤敬志代数トポロジー京都大学数学教室M2平面グラフのclique complexについて
清水達郎ホモロジー球面東京大学D1Casson不変量の別構成
下村健吾フラクタル幾何学大阪大学・情報M2parabolic Cantor setのHausdorff次元
高橋祐人代数的整数論名古屋大学D1拡大次数を制限した類体塔の無限性
高山侑也微分幾何学京都大学数理研M2bow varietyの構成について
田坂浩二多重ゼータ九州大学D1n平方和問題とn三角和問題
田中公代数幾何学京都大学数学教室M2極小モデル理論について
反田美香代数解析近畿大学D1超幾何微分方程式のVoros係数
塚本靖之有向マトロイド京都大学数学教室M2非連結な実現空間を持つ有向マトロイド
中島規博超平面配置・微分作用素環北海道大学D2Cauchy-Sylvesterのcompound determinantsと古典的Coxeter配置
永田義一多変数函数論名古屋大学M2Cauchy-Fantappie 形式と特異積分作用素
中野雄史力学系・エルゴード理論京都大学人間・環境D1確率安定性と転移作用素
中山雅友美トポロジー首都大学東京M2Seifert fibrationからのreal Bott多様体の一般化
畑中美帆トーリック幾何学大阪市立大学M1fanとトーリック多様体
早野健太四次元トポロジー大阪大学M2写像類群から視る特異レフシェッツ束
松岡謙晶解析的数論名古屋大学M2リーマンゼータ関数の新たな漸近公式とその応用について
嶺山良介幾何学的群論大阪大学D1距離空間のFloyd境界について
矢城信吾代数幾何学九州大学D3deg X ≧ codim X + 1 となる射影多様体に関する考察
八尋耕平表現論東京大学M2有理Cherednik代数のウェイト加群
山崎陽平波動分散型方程式京都大学数学教室M2R × T_L 上のSchroedinger 方程式の線形安定性
若杉勇太偏微分方程式大阪大学D1消散型波動方程式の拡散構造

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-16 (土) 18:28:26 (218d)