第6回城崎新人セミナー報告集

お願い

  • 締め切りは6月末です。
  • 原稿は提出していただいた方から順次このページに掲載させていただきます。
  • 原稿は形式はTeX、言語は日本語でお願いします。
  • TeXのテンプレートはを以下のものをダウンロードしてお使いください。レイアウトの設定は変更しないで下さい。
    • Win,Mac用(shift-jis)
    • Unix用(euc-jp)
    • utf8
  • TeXのソースだけではなく、生成されたファイル(pdf,dvi等)もお送りください。
  • 印刷の段階で各ページのフッターに通しページ番号が振られます。
  • 機種依存文字(半角かな、◯囲み数字等)は使わないで下さい。機種によっては表示されません。
  • 報告集は完成し次第、参加者全員に配られる他、全国の大学にも配布されます。
  • 講演された方はなるべく講演内容に沿った内容で5ページ以上でお願いします。
  • 講演されなかった方は自分が勉強・研究している数学の内容でお願いします。
  • 来年度の所属が変わられる方や就職される方は来年度の所属先もしくは住所を併せて連絡してください。(何も書かれていないときは所属は変わらないと判断させていただきます。)
  • 第1回から第4回までの原稿がホームページにありますので、参考にしてください。
  • 分からないことなどがございましたら、kinosaki2009_at_math.kyoto-u.ac.jp(_at_を@に変えて下さい)までご連絡下さい。
  • 第1回,第2回,第3回,第4回,第5回の原稿がWEBにありますので、参考にしてください。

招待講演者

伊藤 由佳理(名古屋大学大学院多元数理科学研究科)pdf
稲生 啓行(京都大学大学院理学研究科)pdf
上田 勝(奈良女子大学理学部)pdf
太田 慎一(京都大学大学院理学研究科)pdf
佐藤 進(神戸大学大学院理学研究科)pdf
星 裕一郎(京都大学 数理解析研究所)pdf

セッション講演者(幾何系)

野坂 武史(京都大学 M2)pdf
松江 要(京都大学 D1)pdf
田中亮吉(京都大学 M2)pdf
森島北斗(大阪大学 M2)pdf
関谷健一(大阪大学 M2)pdf
清水理佳(大阪市立大学 M2)pdf
比嘉隆二(神戸大学 D1)pdf
長谷部 高広(京都大学 M2)pdf
高尾和人(大阪大学 M2)pdf

セッション講演者(代数系)

三井健太郎(京都大学 M2)pdf
柳田伸太郎(神戸大学 M2)pdf
今井直毅(東京大学 M2)pdf
佐野太郎(東京大学 M2)pdf
シュプルング フローリアン(東京大学 M2)pdf
伊東 杏希子(名古屋大学 M2)pdf
栗原大武(九州大学 M2)pdf
斎藤克典(名古屋大学 M2)pdf
山浦浩太(名古屋大学 M2)pdf

ポスター発表者

大下 達也(京都大学 M1)pdf
蔦谷 充伸(京都大学 M1)pdf
今城洋亮(京都大学 M1)pdf
石田 美樹(奈良女子大学 M2)pdf
山坂麻衣(奈良女子大学 M2)pdf
小迫 敬靖(国際基督教大学 M2)pdf
青木光博(名古屋大学 M2)pdf
杉山倫(名古屋大学 M2)pdf
関坂歩幹(九州大学 M1)pdf

その他の参加者

岡崎 健太(京都大学 M1)pdf
長澤弘明(大阪大学 M1)pdf
林俊宏(名古屋大学 M1)pdf
冨山祐美(神戸大学 M1)pdf
坂下美紀(奈良女子大学 M1)pdf
渡辺百合佳(奈良女子大学 M1)pdf
東浦晃洋(大阪市立大学 M1)pdf

運営委員

森 伸吾(京都大学 D1)pdf
長尾 健太郎(京都大学 D2)pdf
川谷 康太郎(大阪大学 D1)pdf
梶 真理香(奈良女子大学 D1)pdf

記念写真


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-16 (土) 18:23:16 (218d)