京都大学応用数学セミナー(KUAMS)

京都大学理学研究科数学教室では,数学の諸分野への応用研究や応用につながる可能性のある数学,また将来において数学の応用が期待される研究分野などから幅広く講師を国内外からお招きし,月一度のペースでセミナーを開いています.応用数学の特性を活かした幅広いテーマで刺激に満ちた講演を多数行っていますので,専門家の方のみならず興味をもたれる関係分野の方の参加を歓迎いたします.

 

今後のセミナー予定

 

第53回:2018年6月19日(火)16:30−18:00

平岡 裕章(京都大学高等研究院)
「トポロジカルデータ解析とパーシステントホモロジー」

Yasuaki Hiraoka概要: Topological data analysis is an emerging concept in applied mathematics in which we characterize “shape of data” using topological methods. In particular, the persistent homology and its persistence diagrams are nowadays applied to a wide variety of scientific and engineering problems including materials science, life science and social networks etc. In my talk, I will give a survey of these concepts both from mathematics and applications. If time is allowed, I will show several future challenges which deepen the mathematical understandings and possible applications.

 

第54回:2018年7月24日(火)16:30−18:00

宮武 勇登(大阪大学)
「TBA」