HOME >> ゼミ紹介

ゼミ概要

 平成30年度は、M1が5名、M2が7名保険数学ゼミに所属しており、講義やゼミ、サブゼミを通して、 保険数学に関連する様々なテーマを学習しています。ゼミには、保険数学を専攻していない学生でも 聴講生として参加することもでき、講師を交えた参加者全員で活発な議論を行っています。 以下は、現在、取り組んでいる(取り組んできた)主な内容です。

主にM1生を対象にしたテーマ

生命保険の数理、年金数理

アクチュアリーにとって必要不可欠な保険料の計算、 保険商品収益の計算などの実務力を養います。
使用図書『アクチュアリーのための生命保険数学入門』 
ISBN:978-4000062800
使用図書『新版年金数理概論』 
ISBN:978-4254290172
使用図書日本アクチュアリー会テキスト『保険1』『保険2』

リスク理論・定量的リスク管理

リスク管理に必要な損失分布や定量的リスク管理手法を習得します。
使用図書『定量的リスク管理』 
ISBN: 978-4320018631
参考図書『リスクセオリーの基礎』 
ISBN: 978-4563010089

確率論

確率論を専攻している教員やTAのサブゼミ等で確率論の基礎を習得します。

数理ファイナンス

数理ファイナンスの基礎を習得します。

Modeling

汎用性の高い統計ソフト「R」を用いて、モデリングの実務力を高めます。 ゼミ参加者内での相互アドバイス・切磋琢磨にてレベルアップを図っています。

証券投資論

ALM(資産負債総合管理)に必要な投資(資産運用)に関する基礎をゼミ生が主体的に学びます。
使用図書『新・証券投資論』 
ISBN: 978-4532133726

主にM2生を対象にしたテーマ

 M1に比べ、より専門的なテーマについて理解を深めます。M1生も参加しています。

アクチュアリアルマネジメント・リスク管理概論

現役のアクチュアリーが中心として運営するゼミで、アクチュアリアルマネジメントやリスク管理などアクチュアリーの実務の基礎を習得します。
使用図書『Understanding Actuarial Management』 
ISBN: 978-0858130746

Stochastic Modeling

リスク管理などに応用できる確率論的なシナリオを用いたモデリング手法を学びます。
参考図書『Stochastic Modeling 
   - Theory and Reality from an Actuarial Perspective -』 
ISBN:978-0981396828

年金・医療・人口問題

年金・医療制度、人口問題などの幅広いテーマについて関連する文献や論文を購読します。
参考図書『21世紀の統計科学』 
ISBN: 978-4130440813など

ゼミ生からのメッセージ

福井 雅仁(H29年度入学)

保険数学ゼミでは、現在、保険会社でアクチュアリーとして勤務されている先生方に、アクチュアリーとして必要となる知識だけではなく、実務的な内容も教えて頂くことができます。さらには先輩との交流も盛んで、勉強のことはもちろん、就職活動についても相談にのってもらうことが出来ます。アクチュアリーに少しでも興味を持たれている方にはおすすめです!

岡田 卓也(H28年度入学)

保険数学ゼミの魅力は3つあります。1つ目は理論だけでなく実務的な内容に触れられることです。2つ目の魅力は実際にアクチュアリーとして活躍されている方の指導を受けられることです。3つ目の魅力はゼミ生内での交流が盛んなことです。将来、アクチュアリーを目指す方はもちろん、数学がビジネスでどのように応用されているか興味がある方には非常に有用なゼミになると思います。

大澤 祥史(H28年度入学)

保険数学ゼミでは、アクチュアリーにとって必要な理論だけでなく、実務についても学ぶことができます。実際に企業の業務に携わっている先生方からご指導いただけるのでアクチュアリーについて深く学ぶことができます。

山村 龍弥(H28年度入学)

このゼミの魅力はなんといっても保険に特化していることだと思います。毎週行われる通常のゼミでは、実際に今も保険会社でアクチュアリーとして働いていてその最前線を知っている先生方に、保険の実情を教えていただきながら、様々なテーマについて輪読形式で学習を進めていますし、他にも年間を通して保険に関するイベントがいくつか用意されています。将来保険関係の仕事を考えている方には非常に良いと思います。

卒業生の修士論文テーマ(例示)

 
修論のテーマの確認はこちらをクリック下さい。